名刺作成はこんなに簡単にできます

最近はビジネス用だけではなく、趣味などプライベートなつきあいで挨拶替わりに名刺をしようすることが多くなってきています。仕事以外で使用する名刺を用意する方法にはいくつかありますが、あまり神経質になることなく簡単に作成する方法がいくつもあるので、自分に合った、コストに見合った方法を選択すれば問題はありません。名刺の作成方法には自分でデザイン、作成、そして自分のプリンターで印刷する方法と、自分でデザイン、作成、そしてインターネット経由で専門の業者に依頼する方法、あるいは専門業者のサイトでデザインを選択、自分のデータを入力して作成する方法がほかの方法に比べて簡単です。コストについては自分で作成、印刷する場合、用紙とインクの費用、業者などに発注する場合は印刷代と送料などがかかります。

自分で名刺を作成して印刷する場合

名刺を自分のパソコンとプリンターで作成する場合、費用的な負担は用紙とインクにかかる料金だけです。近年はインクジェットプリンターで写真を印刷する人も増えてきたことも有り、デザインだけではなく自分の顔写真入り名刺も簡単に作成することができるようになりました。自分で作成する場合は、文書作成ソフトで用紙の大きさを名刺、プリンターを使用するプリンターをあらかじめ登録しておくと印刷可能範囲などを示してくれるのでその大きさの中に名前など必要な事項を記載しデザインします。印刷する用紙については、A4サイズ用紙に名刺10枚を作成できる専用の用紙を使用するのが最も簡単です。プリンターで印刷可能な厚さの名刺用紙を使用して印刷をします。本番前に普通用紙で印刷をして、色の具合や文字の大きさなどを微調整すれば失敗することもありません。

インターネットで専門業者に依頼する場合

近年、印刷物はインターネット経由で入稿し印刷してくれる業者が多く存在します。そのような専門業者が集客の目玉としているのが名刺印刷です。初回のみ、キャンペーンと称して自分で印刷するよりもコスト的にも安くなる場合があります。専門業者のサイトを覗くと、デザイン名刺のテンプレートがいくつも用意されているので自分の好きなデザインを選び、名刺を作成することもできます。用紙も自分で印刷するよりは選択肢が少ないかもしれませんが、何種類かの選択肢が用意されていることが多く、十分に満足のいくものに仕上げることができます。難点は、格安のメニュープランには色の校正などがなく、ぶっつけ本番になるものがあることです。また自分で印刷する場合は作成枚数を自分で好きな枚数を選ぶことができますが、業者に依頼する場合、100枚単位など数量が限定されてしまうことです。