即日名刺作成の費用について説明します

企業間の取引相手とのご挨拶としてや、商品を購入してくれるお客様に知ってもらうために、必要不可欠になってくるのが名刺の存在です。差し出す時にはマナーがありますので、印象を良くしてもらうためにも必ず身につけておきたいものですが、名刺を所持していなければ何も始まりません。社内での対応も当然ですが、外出時には絶対に持っていくように注意しましょう。相手に渡す消耗品ですから、あっという間に在庫がなくなってしまうこともよくあります。在庫が少ないと突然切らしてしまい、大切な取引先や顧客に渡せなくなってしまいます。在庫が残り少ないなら、素早く印刷してくれる業者を予め覚えておくと役に立ちます。即日依頼でも、スピーディーに仕上げてくれる印刷業者が多数存在しますので安心です。

納品速度が速いほど費用が高くなる

名刺に限らず、多くの印刷業者の常識として、早い対応を望むほど費用が高くなることを覚えておいてください。予算が潤沢にあるなら気になるレベルではありませんが、ギリギリだと予算オーバーする可能性が高まりますので、注意しましょう。非常に素早い納品速度として、たったの15分で仕上げてくれる方法があります。スキャンして直ちに印刷に回す方法で、店頭注文が基本となります。20枚1620円くらいで仕上げてくれる業者が存在します。店頭ではなく、ネット注文でも1時間くらいで仕上げてくれるものも用意されています。100枚で3000円前後の価格のところが見受けられます。1時間くらいならスキャンではなく、普通の印刷方法でも対応可能です。通常納期のものだと100枚1000円前後で作れますから、費用が高いことがよく分かります。

印刷品質にこだわるなら余裕をもって注文する

15分で仕上げてくれるスキャンによる名刺印刷は、通常の印刷方法と比べると品質が劣るのがデメリットです。データから作られるものとは違い、元の名刺を写真撮影するような形でそのまま印刷に回すからです。今すぐ在庫が欲しい場合には非常に便利ですが、費用を抑えたかったり、クオリティを下げたくなければ、納期にやや余裕がある注文方法を選びたいところです。1時間仕上げのものであれば、入稿データさえ用意しておくだけで十分にクオリティの高い名刺が作れます。通常納期よりも高くなるのは一緒ですが、15分仕上げに比べるとコストパフォーマンスに優れます。時間的に余裕があるなら3時間仕上げなどの、即日でも少し時間がかかるものを選ぶことで、より費用を安く抑えながら注文できるようになります。